浪費癖の特徴と原因

男性

浪費してしまう心理

ギャンブル依存症やお酒依存症など、世の中には様々な依存症がありますが、浪費癖病気というのも依存症の一種です。浪費癖病気は、物欲が止まらず、さほど欲しくないものもすぐに買ってしまう、お金がないのにそれを無視して大きな買い物をしてしまう、という症状が現れます。借金をしてまで買い物を繰り返し、気づいたときには借金が膨れ上がってしまったというのは浪費癖病気が陥ってしまうパターンです。浪費癖病気になってしまう原因は様々ですが、大きな原因がストレスと言われています。人はストレスを抱えたとき、おいしいものを食べたり親しい友人と遊んだりなど、様々な方法でストレスを発散しようとします。その中で、「買い物」がストレス発散の手段になってしまうのです。買い物をしているときは、楽しい気持ちになり欲しい物も手に入るので、ストレスはなくなります。しかし、買い物を終えたあとは浪費してしまった自己嫌悪に陥りストレスが重なり、また浪費をしてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

では、浪費癖病気はどのようにして治せば良いのでしょうか。実は、このような症状は薬などで治るものではないので、自分自身でコントロールして治していくしかありません。どうしても制御出来ない場合は、心療内科や精神科を受診すると良いでしょう。医師とカウンセリングを行うことで、根本的なストレスを根絶することにつながり、浪費癖が治ることもあります。また、将来の目標を具体的に設計するのも有効です。今欲しいものが手に入ればそれで良い、という思考に陥ってしまっているので、あえて目標を設定することで浪費欲にブレーキがかかるようになります。目標は貯金額でも良いですし、旅行などお金を溜めてしたいことでも良いでしょう。また、家族にお金の管理をしてもらう、というのも良いでしょう。金銭管理が苦手な人ほど浪費癖病気になることが多いため、管理を他人に任せることで、浪費癖を改善させることが出来ます。また、趣味を見つける、仕事を増やすなども効果的です。有効な治し方は人それぞれなので、自分に合った方法を見つけましょう。